The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部・人間看護学研究科(School of Human Nursing/Graduate School of Human Nursing) >
紀要論文(人間看護学研究) >
13号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/219

タイトル: 高齢者におけるラフターヨガによる笑いの身体的・心理的効果に関する研究 (活動と資料)
その他のタイトル: Physical and psychological effects of laughter yoga among older adults (Reports & Materials)
著者: 山村, みづほ
平田, 弘美
Yamamura, Miduho
Hirata, Hiromi
キーワード: ラフターヨガ
高齢者
身体的効果
心理的効果
発行日: 2015年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 「笑い」には、"楽しい状況から自然に笑いが発生する"という「受身の笑い」と"楽しいことはないが、自ら笑いを発生させる"という「自発的な笑い」がある。今回、高齢者を対象に、「自発的な笑い」の一つであるラフターヨガを用い、その効果を検討することを目的に研究を行った。対象者は、体操教室に通う健康な65歳以上の男女(延べ41名)であった。2週間に一度、計4回のラフターヨガを行い、ラフターヨガ実施前後に血圧、脈拍数、呼吸数、SpO_2、感情の変化(フェイススケール)を測定した。最終回のラフターヨガ実施後には、無記名式のアンケート調査も行った。ラフターヨガの身体的効果については、ラフターヨガ実施後に、脈拍数、呼吸数の平均値が有意に減少し、SpO_2の平均値が有意に上昇した。心理的効果は、フェイススケールの得点が有意に低下した。アンケート調査からも、「体が楽になった」などすべてがポジティブな回答であった。ラフターヨガ実施後に脈拍数、呼吸数の平均値が減少したこと、SpO_2の平均値が上昇したこと、フェイススケールの平均値が低下したことなどから、ラフターヨガは身体的にも心理的にも効果があると思われる。
URI: http://hdl.handle.net/11355/219
出現コレクション:13号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_013_111.pdf9.58 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて