DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
13号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/208

タイトル: Establishment and Validation of the Japanese Version of the Exposure to Disruptive Behavior Scale (Notes)
その他のタイトル: Exposure to Disruptive Behavior Scaleの信頼性・妥当性の検証 (研究ノート)
著者: Hirata, Hiromi
平田, 弘美
キーワード: aggressive behavior
dementia
disruptive behavior
formal caregiver
translation
発行日: 2015年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 西欧諸国では、認知症高齢者による攻撃的行動が、施設や病院で働くスタッフにストレスを与えることが問題になっている。我が国においては、看護師による認知症高齢者の攻撃的行動に関する研究は始まったばかりであり、その攻撃的行動によるスタッフのストレスを測る尺度として信頼性・妥当性が確立したものはまだない。 今回、カナダで開発されたThe Exposure to Disruptive Behavior Scale(EDBスケール)を日本語訳し、信頼性・妥当性の検証を行った。α 係数は0.94であり、Stressor Assessment Scaleを使った構成概念妥当性も立証された。今後、日本のあらゆる施設で、日本語版EDBスケールを使って、認知症高齢者による攻撃的行動の発生頻度や、その行動によるスタッフのストレスを測定することが可能となった。
URI: http://hdl.handle.net/11355/208
出現コレクション:13号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_013_093.pdf8.38 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて