DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
12号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/195

タイトル: 音刺激を用いた感情投影表情描画法による心理アセスメントツールの有用性の検討 (研究ノート)
その他のタイトル: Study of Utility of a Psychological Assessment Tool Using Facial Expression Drawing by Sound Stimulus (Notes)
著者: 七山(田中)知佳
比嘉, 勇人
松本, 行弘
Nanayama(Tanaka), Chika
Higa, Hayato
Matsumoto, Yukihiro
キーワード: 感情
表情
描画
アセスメントツール
音刺激
feeling
facial expression
drawing
assessment tool
sound stimulus
発行日: 2014年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 本研究の目的は、我々が作成した【FACED】assessment tool (2012) の有用性を、音刺激を用いて検討することである。実験協力者として8名ずつ3群に別けた大学生24名と、評価者・回答者として大学院生ら12名を対象者とした。実験協力者に対し各群1分間の「安静」後、群別に異なる順で「鎮静音」「活性音」「無音」の環境を各3分間保持するよう指示し、各環境下前後に「気分プロフィール』『二次元気分尺度』「表情描画シート (本法) 」を実施した。また、『表情描画シート」と既存尺度で最小質問項目数である「二次元気分尺度」について、評価者に対し回答済質問紙10名分中正しく評価できた数を、評価者と回答者に対し評価・回答所要時間を調査した。その結果、本法の信頼性は整合性 (操作的環境下での反応率:8.3~25.0%) 、類似性 (再検査による連関性:φ=0.60, p<0.10) 、同等性 (評定者間の正答一致率:73.8%) で確認された。妥当性は同質性 (類似概念との指標一致率:70.8~75.0%) と効率性 (情報量/所要全時間:90.2%) で確認された。回答および評価の全所要時間は2.2分で、短時間での実施が可能となった。 以上より、本法は実施における評価・解釈の客観性および簡便性を備え有用性が高いと示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11355/195
出現コレクション:12号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_012_033.pdf5.85 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて