DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
11号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/183

タイトル: 移乗動作におけるボディメカニクス活用の評価 : 改良した学習教材を用いた動作時前傾姿勢・ひねり角度分析から
その他のタイトル: Evaluation of the application of body mechanics during patient transfer activities : Based on an analysis of leaning forward posture and twist angles during activities following the use of improved learning materials
著者: 伊丹, 君和
安田, 寿彦
春日, 照之
米田, 照美
松宮, 愛
大久, 保恵子
Itami, Kimiwa
Yasuda, Toshihiko
Kasuga, Teruyuki
Yoneda, Terumi
Matsumiya, Ai
Okubo, Keiko
キーワード: 移乗動作
前傾姿勢
ひねり角度
腰痛
ボディメカニクス
transfer activities
leaning forward posture
twist angle
low back pain
body mechanics
発行日: 2013年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 看護師の職業性腰痛は深刻である。前報では, 我々が開発したボディメカニクス学習教材の継続活用が, 看護動作時の姿勢改善および意識向上に有効であることが示唆された。しかし, 上体が前傾している状態でのひねり動作は腰部負担をより増加させることが示されている。また, 看護者の腰部負担は, ベッドメーキングのほか, ベッドや車椅子への移乗, 体位変換など, さまざまな看護動作に起因する。このような中, ひねり角度計測機能も加えたボディメカニクス学習教材に改良することは, 看護・介護者の腰部負担改善により貢献できると考える。 目的 本研究は, 移乗動作におけるボディメカニクス活用について, 看護学生を対象に, 改良した学習教材を用いた動作時前傾姿勢・ひねり角度の分析から検証することを目的とした。方法 2012年3月, 改良した学習教材を用いて, 移乗動作におけるボディメカニクス活用について, 動作時前傾姿勢・ひねり角度の分析から検証した。対象は, 研究の趣旨に賛同が得られた看護学生計28名とした。 評価方法は, 対象者に姿勢計測センサを装着した後, 2設定(学習教材非活用, 学習教材活用)で, ベッドから車椅子への移乗動作を行つた。分析は, SPSS16.0 for Windowsを用いて Wilcoxon の符号付き順位検定を行い, 本学習教材活用の有無による前傾姿勢・ひねり角度から検証した。 また, ボディメカニクス活用への意識調査を実施し, 改良した学習教材の機能およびボディメカニクス活用における意識について評価した(5件法)。 結果 移乗動作時の姿勢角度を検証した。その結果, 前傾姿勢では, 学習教材非活用の動作25.78±6.57°, 学習教材活用の動作18.37±4.17° と有意に姿勢改善した。同様に, ひねり角度でも7.05±4.02° から5.34±3.04° に有意に改善を認めた。 また, 学習教材の機能評価では, 前傾姿勢・ひねり角度のグラフ表示機能が4.78±0.51点と高得点を示し, ボディメカニクス活用意識も本学習後向上した。 結論 改良したボディメカニクス学習教材の活用は, 移乗動作において前傾姿勢・ひねり角度を改善させ, ボディメカニクス活用への意識向上に有効であることが示唆された。
Background Occupational low back pain is a serious issue among nurses. In a previous study, we demonstrated the effectiveness of continued application of our originally developed body mechanics learning materials with regard to postural improvements and increased awareness during nursing activities. However, twisting motions when the upper body is leant forwards increases the burden on the lower back and these motions are often performed during various nursing activitie s, including bed-making, transferring patients to beds and wheelchairs, and changing the body position of patients. Revision of the body mechanics learning materials to include additional functions to measure twist angle would contribute to reducing the burden on the lower back of nurses and caregivers. Objective his study analyzed leaning forward posture and twist angles during patient transfer activities in order to verify the efficacy of applying body mechanics based on the revised learning materials. Methods The study was conducted in March 2012. Posture sensors were fitted to 28 nursing students who consented to participate, and leaning forward posture and twist angles were measured while performing bed-to-wheelchair transfers according to conventional methods and while applying the revised learning materials . Wilcoxon signed rank test was performed using SPSS 16. 0 for Windows in order to analyze differences in leaning forward posture and twist angles based on the application or non-application of the revised learning materials. An awareness survey was also conducted regarding subjects' awareness of body mechanics application and the functions of the revised learning materials ( 5 -point rating scale). Results Significant improvements were observed for leaning forward posture and twist angles during the patient transfer activity while applying the revised learning materials compared to conventional methods (leaning forward posture angle: 18. 37 4. 17° vs. 25. 78 6. 57° , respectively; twist angle: 5. 34 3. 04° vs. 7. 05 4. 02° , respectively). Evaluation of the functions of the learning materials revealed that the graph display function for leaning forward posture and twist angles received high scores (4. 78 0. 51) and that awareness of body mechanics application also increased following introduction of the revised learning materials. Conclusion Application of the revised body mechanics learning materials improved leaning forward posture and twist angles during patient transfer activities and was effective for increasing awareness of body mechanics application.
URI: http://hdl.handle.net/11355/183
出現コレクション:11号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_011_001.pdf9.57 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて