DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
09号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/135

タイトル: コーチング教育のコミュニケーション態度に対する変容効果 : X事業所男性管理職補佐社員を対象としたOKグラムによる検討
その他のタイトル: Effects of coaching education on attitude change in communication : The examination by using OK gram for male employees assisting managers at X business office
著者: 中田, ゆかり
比嘉, 勇人
牧野, 耕次
Nakada, Yukari
Higa, Hayato
Makino, Koji
キーワード: コーチング教育
コミュニケーション
精神保健一次予防
coaching education
communication
primary prevention for mental health problem
発行日: 2011年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 企業労働者が精神的ストレスにより健康被害を受けることが増加しており、組織的・継続的な精神保健一次予防の対策が必要とされている。しかし、その具体的な方策と効果に関する研究報告は少なく、精神保健一次予防対策の一つの方法として「従業員間の良好なコミュニケーションの促進」が提言されている。 目的 本研究では、精神保健一次予防の観点からX事業所の管理職補佐社員を対象にコーチング教育プログラムを実施し、コーチング教育のコミュニケーション態度に対する変容効果を行動面と認知面から検討した。 方法 X事業所管理職補佐社員41名のうち、有効回答21名(男性)を分析対象者とした。コーチング教育プログラムは、2008年8月から2009年8月にかけて実施した。行動面と認知面の変容効果は、対象者が回答したOKグラムの4項目(「他者否定」「他者肯定」「自己肯定」「自己否定」) の各平均値差を指標とした。統計解析は、「第1回(導入部)」 のOKグラムの4項目の結果を各ベースラインとして定め、一元配置分散分析(多重比較)を行った。なお、行動面の変容効果については「第2回(発展①)」「第3回(発展②)」 の結果から検討し、認知面の変容効果については「第4回(まとめ)」の結果から検討した。 結果 認知面は、OKグラムの4項目の平均値差が「他者否定 : -2.8」「 他者肯定 : +3.2」「自己否定 : -6.4」「自己肯定 : +4.7」で、すべてに有意差 (p<0.01) が認められた。行動面については、すべてに有意差は認められなかった。 結論 コーチング教育の行動面への変容効果は確認することができなかった。これは、認知と行動は相関しづらいこと、教育の実施間隔が3~5ヵ月と短期間ではなかったこと、さらにその間に反復練習やフォローアップができなかったことが行動面での習得に負の影響を及ぼしたのではないかと考えられる。一方、認知面への変容効果が認められたことから、コーチング教育は精神保健一次予防対策の有効的手段になることが示唆された。今回、コーチング教育の変容効果が乖離していたことから、今後は認知面と行動面の各々に特化した段階的教育プログラム開発および教育効果を維持・強化するフォロワーの役割を担う人材育成が必要と考えられた。
Background Organizational and continuous measures for the primary prevention of mental health problems have been stressed against the increase trend in health damage caused by psychological stress on company employees. However, there are few study reports on the specific measures and effects of the primary prevention of mental health problems. "The promotion of good communication between employees" is recommended as a key element in the primary prevention of mental health problems. Objective The purpose of this study is to examine the effects of coaching education on attitude change in communication (behavioral and cognitive sides) by implementing the coaching education program for male employees assisting managers at X business office in terms of the primary prevention of mental health problems. Purpose Methods Twenty-one valid responses (men) among forty-one male employees assisting managers at X business office were analyzed. The coaching education program was implemented between August 2008 and August 2009. Regarding the effect of the behavioral and cognitive sides, the mean difference of each of the four OK gram items, such as "Other-denial", "Other-affirmative ", "Self-affirmative", and "Self-denial" based on the subjects' answers, was indexed. The results of the four OK gram items in the first research (Introduction) were set as baseline for each item and statistical analysis was conducted by using one-way analysis of variance. In addition, the effect of change in the behavior side was evaluated based on the results from the second research (Development 1) and the third research (Development 2 ). The effect of change in the cognitive side was evaluated based on the results from the fourth research (conclusion). Results The cognitive side showed mean differences in the following four OK gram items: Other-denial: -2.8; Other-affirmative: +3.2; Selfdenial: -6.4; Self-affirmative: +4.7. Significant differences in all were found (p<0.01). However, the behavior side showed no significant difference in any of the four items. Conclusion The effect of change in the behavior side of coaching education showed no significant differences in the first, the second and the third researches. While no significant difference in the behavior side in this research was found either, the effect of change in the cognitive side showed significant differences in all four OK gram items of the first and fourth researches. Consequently, implementing coaching education for male employees assisting managers indicated that the primary prevention of mental health problems can be effective. This coaching education showed no relationship between effects of the subjects' communication attitude on change in the cognitive and behavior sides. The challenge for the future will be not only to develop the gradual educational program specified for each of the cognitive and behavior sides but also to establish a human resource development system for followers who will play a role in maintaining and enhancing the educational effects.
URI: http://hdl.handle.net/11355/135
出現コレクション:09号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS 009 045.pdf898.26 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて