The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部・人間看護学研究科(School of Human Nursing/Graduate School of Human Nursing) >
紀要論文(人間看護学研究) >
20号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://usprepo.office.usp.ac.jp/dspace/handle/11355/768

Title: がん患者の治療段階別にみた意思決定支援に関する文献検討
Other Titles: Literature review on decision-making support for cancer patients in different treatment stages
Authors: 國丸, 周平
糸島, 陽子
横井, 和美
Keywords: がん
意思決定支援
アドバンス・ケア・プランニング
治療段階別
文献検討
Issue Date: 1-Mar-2022
Publisher: 滋賀県立大学人間看護学部
Abstract: 近年,わが国ではアドバンス・ケア・プランニングが注目されている.ACP は終末期を見据えた繰り返される意思決定支援を示し,病状が深刻な段階に入る前の健康な時から始めることが求められている.そこで今回,がん患者の治療段階別に意思決定支援内容を明らかにするため文献検討を行った. 分析対象論文 25 件から,がんと診断され治療を選択する段階では,がん告知という強いストレス下で揺れている患者に対して,看護師は揺れる思いを受け止めながら治療方法に関する情報提供を行い,患者が治療を選択できるように支援していた.がんに対する治療に取り組んでいる段階では,看護師は患者が前向きに治療を続けられるよう経済面に関する情報提供や,家族にも関わり将来の見通しをたてながら患者が選択できるように支援していた.緩和ケアを治療の主軸に最期の過ごし方を選択する段階では,看護師は身体症状が多く出現するがん患者の基本的な欲求を満たし,揺らぐ家族を支える中で患者とその家族の希望を叶えられるように支援していた.今後は,段階移行時の意思決定支援や疾患別の意思決定支援を確立していく必要性が示唆された.
NII JaLC DOI: info:doi/10.24795/nk019_065-073
URI: http://usprepo.office.usp.ac.jp/dspace/handle/11355/768
Appears in Collections:20号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nk020_065-073.pdf1.08 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

University of Shiga Prefecture Library Information Center - Feedback   About DSpace Software