The University of Shiga Prefecture Repository >
工学部・工学研究科(School of Engineering/Graduate School of Engineering) >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/373

タイトル: 希薄予混合圧縮自己着火に対する火花放電の誘発効果
その他のタイトル: Effect of Spark Discharge on Lean Premixed Charge Compression Ignition
著者: 山根, 浩二
Yamane, Koji
キーワード: 自己着火燃焼
火花放電
希薄予混合
発行日: 2013年5月8日
抄録: 小型直接噴射式ディーゼル機関を用いて,その圧縮比を通常の18から14まで低下させ,高セタン価燃料を通常より早期に噴射し,その予混合気の自己着火までの着火遅れ期間内に火花放電することで,自己着火を促進し,低負荷での安定した燃焼ができることを示した.   A novel combustion system in which autoignition is induced by spark discharge into a pre-mixture of high cetane number fuel formed during a long ignition delay time by using a direct injection diesel enging with low compression ratio of 14 was experimentally demonstrated. As the result, it was found that the combustion timing was advanced and the combustion stability at low engine load was improved by spark induced compression ignition system.
内容記述: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書(研究種目:基盤研究(C),研究期間:2010~2012,課題番号22560205)
NII JaLC DOI: info:doi/10.24795/kokk_yamane_201810-2
URI: http://hdl.handle.net/11355/373
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kokk_yamane_201810-2.pdf362.22 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて