DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
02号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/33

タイトル: 成人看護学授業の基礎的研究 : 発達段階別にみた健康観と健康行動の特徴理解のための調査 (研究ノート)
その他のタイトル: A Basic Study of Adult Health Nursing : Survey of Health Behaviors and Health Perceptions at Different Developmental Stages (Notes)
著者: 横井, 和美
山本, はるみ
北村, 幸恵
平井, 由香里
Yokoi, Kazumi
Yamamoto, Harumi
Kitamura, Sachie
Hirai, Yukari
キーワード: 健康観
健康行動
発達段階
成人の特徴
看護教育
Health perceptions
health behaviors
developmental stages
characteristics of adults
nursing education
発行日: 2005年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 成人看護学では、看護の対象者である成人を総合的に理解し、成人がもつ健康へのニーズに対応できる看護を学ぶ。成人の役割や発達課題及び心理的ストレスの内容は、成人の発達段階別にその時期の特性として提示されているが、健康観や健康行動の特性については発達課題との関連で個別なものとし発達段階別での傾向や特性は示されていない。この健康観や健康行動は健康自己管理を左右する因子ともなり、発達段階別の特徴を理解しておくことは看護介入する上で必要な情報となる。目的 成人各期の人々の健康観や健康行動の特性を学習することは、対象者の状態にあった看護介入を行なう上でも重要であることから、成人各期の健康観や健康行動を調査し、生理的年齢区分での発達段階別に相違があるものか否かを検討し、成人期の人々の健康観や健康行動についての特徴理解を深める。対象及び方法 看護学生とその家族及び看護学生を取り巻く人々213名を対象に、健康観と普段の健康への取り組み内容の健康行動と、実際の不健康を生じたときの健康への回復行動をみるため風邪の対処方法についてのアンケート調査を平成15年4月~7月に行った。発達段階別に健康観・普段の健康行動、風邪に対する対処方法を比較した。結果 青年期・成人前期の子世代と、成人中期・成熟期の親世代、老年期の祖父母世代間での比較では、健康観や普段の健康行動の内容に有意差(p<0.01)を認めた。個人の精神的な内容(気分爽快、リラックス等)に健康を求めた人は青年・成人前期に多かった。一方、普段の健康行動で、老年期の方は、医療への受診や社会活動の参加を他の発達段階の方よりも多く行なっていた。しかし、実際の風邪の対処方法の内容に各発達段階別の差は認められなかった。いずれの発達段階でも風邪症状の発熱の有無で対処法方が異なり、発熱を機に専門家に頼ることが示された。結語 成人の健康観や健康行動は、青年・成人前期の子世代と成人中期・成熟期の親世代、老年期の祖父母世代で相違があることが示された。しかし、実際の風邪の対処方法では発達段階の差はなく、症状によって健康行動が左右され、看護介入するタイミングが示唆された。
Background An adult health nursing course provides students with an opportunity not only to develop a general understanding of adult clients but also to learn about how to take care of the health needs of adults. Although the roles, developmental tasks, and psychological states of adults have been identified in relation to the different developmental stages, little is known on the health perceptions and health behaviors of adults at different developmental stages. Information on health perceptions and health behaviors, which can affect one's ability to manage one's own health, is essential to nursing. Purpose In order to allow students to acquire knowledge required to cater to the varying needs of adult clients, survey was conducted to identify and investigate the health perceptions and health behaviors of adults at different developmental stages. Subjects and Methods A questionnaire survey was conducted among 213 nursing school students, their families, and acquaintances during April and July, 2003, to identify and compare their health perceptions and their daily health behaviors, and in order to learn on how they cope with common colds. Results There was a statistically significant difference in health perceptions and daily health behaviors among the offspring generation (adolescent/young adult), parent generation (middle adult/middle age), and grandparent generation (older adult/old age) (p<0.01). The majority of the surveyed individuals belonging to the offspring generation valued psychological health (e.g. refreshment and relaxation). Receiving routine health examination and participating in community activities were the two commonly observed daily health behaviors among those belonging to the grandparent generation. However, no statistically significant differences in the manner in which subjects at different developmental stages coped with common colds were observed. The way they coped with common colds varied depending on whether or not the cold was accompanied by fever. Most subjects consulted doctors following the onset of fever. Conclusion Health perceptions and health behaviors differed across adults at different developmental stages, i.e., offspring, parent, and grandparent generations. However, no statistically significant differences were found in the way subjects coped with common colds. The way the surveyed subjects coped with colds varied depending on either the symptoms or the severity of the cold. Information regarding patients' health behavior can help nursing professionals identify the optimal timing for nursing intervention.
URI: http://hdl.handle.net/11355/33
出現コレクション:02号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS 002 061.pdf3.77 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて