DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/173

タイトル: 慢性呼吸器疾患の呼吸困難感に関する看護研究の現状 (研究ノート)
その他のタイトル: An overview of the nursing research on dyspnea in chronic respiratory diseases (Notes)
著者: 猪飼, やす子
横井, 和美
奥津, 文子
Igai, Yasuko
Yokoi, Kazumi
Okutsu, Ayako
キーワード: 慢性呼吸器疾患
慢性呼吸不全
特発性肺線維症
呼吸困難感
看護
ケア
発行日: 2012年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 呼吸困難感は、慢性呼吸器疾患患者に苦痛や苦悩をもたらす代表的な愁訴であり、日常生活を制限し、生活の質を低下させる原因となる。呼吸困難感は主観的な感覚の訴えで、酸素飽和度の数値と相関しないために、客観的評価が難しい。特に間質性肺炎の中で「強い呼吸困難が典型的に出現する」とされる特発性肺線維症は、今後、看護ニーズが高まることが予想される。 目的 慢性呼吸器疾患 (特発性肺線維症を含む) における呼吸困難感の看護研究に焦点をあてて、文献レビューを行い、看護研究の今後の方向性を展望した。 方法 慢性呼吸器疾患 (chronic respiratory diseases) 、慢性呼吸不全 (chronic respiratory failure) 、特発性肺線維症 (idiopathic pulmonary fibrosis) 、看護 (nursing) 、ケア (care) 、呼吸困難 (dyspnea) の6つのキーワードを検索語として用いて、色々な組み合わせで医学中央雑誌データベース (1983年~2011年3月) とPubMed (1975年~2011年3月) を検索した。医学概説、学会抄録は除外した。抽出した文献の中から呼吸困難感への言及がある論文をピックアップした。これらの文献を研究内容の類似性に基づいて整理し、分析した。 結果 検索の結果、医中誌和文献41編、PubMed文献6編の計47編が得られた。47編の論文の中で量的研究は22編、質的研究 (事例検討や報告を含む) は25編であった。量的研究の内容は、慢性呼吸器疾患の呼吸困難感に影響を与える要因、身体心理社会面、日常生活動作要領や呼吸リハビリテーションの効果、呼吸困難感の看護などであった。質的研究では、慢性呼吸不全患者の内的体験や、スピリチュアルペイン、希望を脅かす要素などが検討されていた。特発性肺線維症の呼吸困難感に焦点をあてた研究については報告がなく、今後の課題である。 結論 検索した文献では、慢性呼吸器疾患の呼吸困難感に対して看護支援の必要性があることが述べられる。しかし、呼吸困難感を主題とした研究は、呼吸困難感に言及している全文献の9% (4/47) にすぎなかった。今後の研究の進展が望まれる。
URI: http://hdl.handle.net/11355/173
出現コレクション:10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_010_125.pdf1.24 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて