The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部・人間看護学研究科(School of Human Nursing/Graduate School of Human Nursing) >
紀要論文(人間看護学研究) >
10号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/152

タイトル: 造血幹細胞移植を選択した白血病患者に寄り添う配偶者の心理的変遷 (研究ノート)
その他のタイトル: Psychological changes of spouses of leukemic patients deciding to receive hematopoietic stem cell transplantation (Notes)
著者: 後藤, 真美子
奥津, 文子
Gotou, Mamiko
Okutsu, Ayako
キーワード: 造血幹細胞移植看護
家族看護
不安
家族心理
hematopoietic stem cell transplantation
nursing to family
anxiety
psychological changes
発行日: 2012年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 骨髄バンク、膀帯血バンクの設立以後、造血幹細胞移植として、非血縁者間同種移植が多くの施設で実施されるようになった。しかし、非血縁者間同種移植では治療関連死の割合も決して低くはない。死をも覚悟しなければならない移植を治療選択する患者と家族の不安や葛藤は大きい。移植治療を選択した患者の配偶者が葛藤の中で患者をサポートしながらどのような心理的状況にあるか、興味深いところであるが報告はない。 目的 本研究では、造血幹細胞移植を受けた患者の配偶者にインタビューを行い、移植治療を選択した患者に寄り添う配偶者がどのような心理過程をたどったかを明らかにする。方法 非血縁者間同種移植または騰帯血移植を受けた患者の配偶者にインタビューを行い、その内容をグラウンデット・セオリー・アプローチ3)に準ずる方法を用いて質的に分析した。 結果 [患者の入院による衝撃] [患者本人の情報希求タイプに合わせようとする気持ち] [患者との気持ちのズレに苛立っ気持ち] [肉体的・精神的疲弊に追い打ちをかける経済的な問題] [表出できない複雑な気持ち] [心の拠り所として看護師への思いの表出][考え方の転換] 上記の7っのカテゴリーが抽出された。 結論 今回の検討によって以下の3点が明らかとなった。1)造血幹細胞移植選択する患者を支えている配偶者は孤立しやすい。2)造血幹細胞移植選択する患者の配偶者への支援を通して、看護師は間接的に患者を支えている。3)配偶者には「守らねばならない家庭」の存在への気づきが立ち直りの転換期となる場合がある。
Background Since the bone marrow bank and cord blood bank were established, allogenic unrelated transplantation has become popular among other methods of blood stem cell transplantation. However, the risk for death is somewhat higher in unrelated transplantation. Therefore, patients receiving such transplantation as well as their family members are assumed to feel much anxiety and conflicts. Objectives and Methods To clarify the psychological processes of the spouses of leukemic patients who decided to receive unrelated blood stem cell transplantation , interviews were done to three such spouses . The dialogs were analyzed qualitatively. Results Seven categories were extracted from their dialogs. They were: 1 ) impacts on the patients' hospitalization, 2 ) desires to respond to the patients' need, 3 ) irritable feelings elicited by gaps in the way of thinking between the patients and themselves, 4 ) financial problems, and 5 ) inexpressible of thinking. Conclusion The results demonstrate the psychological process of such spouses from the stages of emotional distress to that of conversion of thinking. It is suggested that continuous supports provided by nurses are quite helpful to such spouses, and consequently, to the patients.
URI: http://hdl.handle.net/11355/152
出現コレクション:10号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS_010_067.pdf6.86 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて