DSpace

The University of Shiga Prefecture Repository >
人間看護学部.人間看護学研究科 >
紀要 >
人間看護学研究 >
09号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11355/132

タイトル: 認知症高齢者の攻撃性に対する赤ちゃん人形療法の効果
その他のタイトル: The effect of the baby doll treatment over a elderly dementia person's aggressiveness
著者: 畑野, 相子
北村, 隆子
安田, 千寿
嶋田, 裕子
御舩, 泰秀
Hatano, Aiko
Kitamura, Takako
Yasuda, Chizu
Shimada, Yuuko
Mifune, Yasuhide
キーワード: 赤ちゃん人形療法
攻撃性
認知症高齢者
非薬物療法
行動・心理学的症状(BPSD)
Baby doll treatment
Aggressiveness Elderly dementia person
Non-medeical therapy
Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia
発行日: 2011年3月31日
出版者: 滋賀県立大学人間看護学部
抄録: 背景 高齢化と共に、認知症高齢者は増加している。認知症高齢者のケアで難しいのは心理・行動症状への対応である。心のケアとしてさまざまな非薬物療法が試みられている。人形療法もその一環として位置づけられるが、研究はあまり進んでいない。 目的 心理・行動症状の攻撃性に視点をあて、赤ちゃん人形療法の効果を検証することを目的に介入研究を行った。 方法 介護老人福祉施設に入所している1組の認知症のある高齢者夫婦。主として、攻撃性を有する妻を対象に、1年間、赤ちゃん人形療法を行った。 結果 妻の攻撃性は、介入後1か月頃からなくなり、夫に対する不満や嫉妬心は介入後4か月から徐々に軽減し、その後はなくなった。それだけでなく、夫を思いやる言動が見られるようになった。そして、介入後6カ月が経過した平成22年1月末から夫婦が同室で生活できるようになった。 結論 赤ちゃん人形療法により攻撃的言動は減少した。その要因として、以下のことが示唆された。1.認知症高齢者が、赤ちゃん人形に自分の気持ちを投影し、そのことで安心感を得ることができる。赤ちゃん人形は認知症高齢者の心理の移行対象となっている。2. 赤ちゃん人形療法に対象者の状況に合わせた方法を取り入れると相乗効果が得られる。3. 赤ちゃんの特徴である、可愛さ、小さい、柔らかさは笑顔を誘い、これが快の感情を優位にし、気持ちの安定につながる。
Background Elderly dementia persons are increasing in number with aging. The correspondence to psychology and action condition is difficult at a cognitively impaired elderly person's care. Various nonpharmacological therapies as a care of the heart are tried. Although a doll treatment is also positioned as part of that, research is seldom progressing. Objectiv Purpose The viewpoint was hit to the aggressiveness of psychology and action condition, and practical research was done for the purpose of verifying the effect of a baby doll treatment. Methods Elderly-people husband and wife with 1 set of dementia which has entered nursing-care welfare facilities for the aged. The baby doll treatment was performed for one year mainly for the wife who has aggressiveness. Results The wife's aggressiveness disappeared around from after-intervention one month, it reduced gradually from after-intervention four months, and the dissatisfaction to a husband and the jealousy heart were lost after that. It does not come out so much and the speech and conduct which sympathize with a husband came to be seen. And husband and wife can live now on the same room from the end of January, Heisei 22 after-intervention six months passed. Conclusion Offensive speech and conduct decreased by the baby doll treatment. The following things were suggested as the factor. 1. A elderly dementia person can project his feeling on a baby doll, and can get sense of security by that. The baby doll has been the shift target of a elderly dementia person's psychology. 2. A synergistic effect will be obtained if the method united with the candidate's situation is taken in to a baby doll treatment. 3. This which invites a smiling face makes feeling of predominance, and the loveliness which is a baby's feature, and small softness lead to the stability of a feeling.
URI: http://hdl.handle.net/11355/132
出現コレクション:09号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JHNS 009 021.pdf2.13 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

滋賀県立大学図書情報センター - ご意見をお寄せください   DSpace Softwareについて